おすすめ本

SNS時代の子どもたちのリアルを知る:「ルポ 誰が国語力を殺すのか」

この本は、日々の生活や社会全体で国語力がどのように重要な役割を果たしているのか、そして、現代の教育体系や社会の中で国語力がどのように見落とされているのかを問いかける。

著者は実際の教育現場や社会生活を視察し、国語力の衰退がもたらす影響、そしてそれをどのように改善すべきかという課題を提示してくれる。

一冊の中に、教育者、親、そして学習者自身が直面する現実が詰まっているノンフィクション。

衝撃的な内容がいくつもあり、「ここまで子供たちの言葉が失われているのか」という危機感とともに、自らが行動しなければと奮い立たせてもらった一冊。

〈バカの壁〉はここから始まっていたか。子供たちの国語力をめぐる実情から、日本社会の根底に横たわる問題まで掘り起こした必読の書。
ーー養老孟司

注意報ではなく警報レベルだ。子供たちの現状に絶句した。本書の処方箋を、必要なところに届けること。それがこの国の急務であり、希望の道筋となるだろう。
ーー俵万智

created by Rinker
¥1,760
(2024/05/21 13:36:14時点 楽天市場調べ-詳細)